あまざけ美人酵素の副作用

あまざけ美人酵素に副作用はあるのか?

 

あまざけ美人酵素は、日本の伝統技術が生んだ甘酒の栄養と酵素を、ギュッと1粒に詰めたサプリメントです。あまざけ美人酵素に副作用がないのか、気になったので調べてみました。

 

あまざけ美人酵素の副作用

 

あまざけ美人酵素はサプリメントですので、基本的には副作用はありません。

 

ただし、あまざけ美人酵素に含まれる成分などで、摂りすぎたときなどに、悪い影響を与える可能性あるものもあります。

 

それらを副作用として、解説していきます。

 

 

生酵素の副作用とは?

 

あまざけ美人酵素には、生酵素が含まれています。

 

酵素というのは、元々私たちの体に存在しているもので、副作用の心配は必要ありません。

 

ただし酵素サプリを摂取することで、吹き出物、頭痛、吐き気などの好転反応が出ることがあります。

 

好転反応は、体が順応するまでの一過性の現象で、しばらくすれば治まるのが普通です。

 

例えば、体に溜まっていた毒素や老廃物を排泄するのに、吹き出物が出たりするのです。

 

毒素や老廃物が血液に混ざり、肌から排出しようとしているんですね。

 

好転反応には個人差もあり、2〜3日で終わる人もいれば、1ヶ月以上も続く人もいるようです。

 

しかし素人が好転反応かどうか判断するのは難しいので、症状がひどい場合は病院を受診することも考えて下さい。

 

 

一番搾りコラーゲンの副作用とは?

 

あまざけ美人酵素には、一番搾りコラーゲンが含まれています。

 

美肌に良いと言われているコラーゲンの中でも、最高ランクのものが一番搾りコラーゲンです。

 

コラーゲンはタンパク質の一種であり、私たちの体に元々ある成分です。

 

そのため一番搾りコラーゲンには、副作用の心配はいりません。

 

ただしコラーゲンを過剰に摂取した場合には、肝機能の低下やニキビや吹き出物が出たり、セルライトができることがあります。

 

サプリメントだからといって、過剰に摂取するのは控えましょう。

 

 

米糠発酵物(GABA)の副作用とは?

 

米糠発酵物(GABA)は天然アミノ酸成分の一種で、神経伝達物質成分です。

 

気持ちを落ち着かせる効果が注目され、睡眠サプリなどにも配合されているものがあります。

 

中性脂肪値の抑制効果も期待でき、美容系のサプリメントにも使われているようです。

 

GABAも元々私たちの体の中にある成分ですので、副作用の心配はいりません。

 

しかしGABAを過剰に摂取した場合には、息切れ、動悸、唇の痙攣、顔の赤面などの副作用が出ることがあるようです。

 

 

あまざけ美人酵素の副作用を防ぐには?

 

ここまで説明してきたように、過剰摂取することによって、あまざけ美人酵素に副作用が出る可能性はあります。

 

しかし通常の飲み方をしていれば、あまざけ美人酵素の副作用は心配しなくていいでしょう。

 

あまざけ美人酵素の公式サイトでは、1日3粒が目安と書いてあります。

 

この量を守って飲んでいる限りは、副作用は心配しなくていいでしょう。

 

 

副作用以外にアレルギーにも注意しよう!

 

副作用ではありませんがアレルギーがある人は、原材料にアレルギー物質が含まれていないか、チェックしておいた方がいいです。

 

あまざけ美人酵素の原材料を、示しておきます。

 

米粉、玄米粉、清酒粕、米糠、米糠発酵物(GABA含有)、乳糖、エンザミン(有用菌生産物質)、ビール酵母、コラーゲンペプチド(豚由来ゼラチン)、黒胡椒抽出物、乳酸菌(有胞子性乳酸菌)、パイナップル果実抽出物/セルロース、酸化でん粉、ステアリン酸Ca、微粒酸化ケイ素、シクロデキストリン

 

原材料の一部に乳、大豆が含まれていますので、アレルギーがある人は気をつけて下さい。

 

それと妊娠中や授乳中の方も、一応専門医に相談しておくほうが、安心できます。

 

 

ああまざけ美人酵素の副作用を公式サイトで確認!